常楽さんの健康ブログ

健康について考えるブログです。

現代人に必要なビタミンDとビタミンG

ビタミンDは前回のコラムで書いた通り、現代人は日光を浴びることを極端に避けるようになったことによるビタミンD不足が深刻な状態に陥っているという現状である。

そしてビタミンGはGroundingのGで大地つまり地球のことである。古来人類は数百万年前から太陽光を浴び裸足で大地を歩き回るという生活をしてきた。しかしながら、ほんの半世紀ぐらい前から人は合成樹脂やゴムなどを使用した靴を常用するようになり、大地とは絶縁するような生活をするようになってきた。

現代人が肥満や糖尿病などの生活習慣病に悩まされるようになったのは単に運動不足や豊富な食べ物の過食だけでなく、こうした自然との断絶にも原因があるようだ。

大地に接することはアーシングとも言われるが、近年多くの論文が発表されている。裸足で大地に接触することで体内に蓄積した電子を放電することが出来そして大地のエネルギーを得ることもできる。特に、現代人はスマホや様々な電化製品に囲まれた生活の中で沢山の電磁波に晒された生活を余儀なくされている。しかるに、ほんの半世紀前ぐらいから太陽光を極端に避けて、靴を履いて大地との接触を断絶した生活を始めて現代に至っている。

現代人の利便性の高い快適な生活は何事にも代えがたいが、私たちの生活の中にもう少し自然との接触が必要なのではないだろうか。

           “病気は突然現れるものではない。病気は自然に対する我々の日々の

           小さな罪の積み重ねである。自然に対する罪が次第に大きくなると、

           病気はある日突然現れるのである。

                       (ヒポクラテス