常楽さんの健康ブログ

健康について考えるブログです。

「適度な運動」と「ご機嫌な気持ち」が健康維持には大切

欧州の格言に「遺伝子が弾丸を込め、生活習慣が引き金を引く」というのがある。これは、「例え持って生まれた遺伝子の中に悪質な病気を引き起こす可能性のある遺伝子が含まれていたとしても、正しい生活習慣を維持しておれば発病はしない」という事を言っている。

正しい生活習慣とは、一般的に①バランスの摂れた食事、②十分な休養、③適度な運動といわれている。どれも大切なことだが、特に適度な運動は継続することが難しいが、いちど生活の一部として組み込まれるようになると効果は大きいといえる。私は太極拳を19年ほどやっているが、太極拳に出合えたことは私の現在の幸せの一部を占めていると思っている。

そして、「適度な運動」に加えたいのが「ご機嫌な気持ち」だ。「ご機嫌」という言葉は日本抗加齢医学会の前理事長をされていた慶應義塾大学の坪田一男教授が最初に使われた言葉だが、「笑顔」の健康効果と同じで何時も「ご機嫌に」生きることは大きな健康効果をもたらすと考えられている。

健康維持のために毎日『適度な運動』『ご機嫌な気持ち』を!!

利便性とそのリスクとの相関性

1月のコラムで私は「利便性の向上とそれによる代償」について書いた。交通手段の飛躍的な発展によって現代人の私たちの行動範囲が飛躍的に広がった反面、運動不足による生活習慣病の拡大という高価な代償を支払うことになった。

さらに、インターネットの登場でグローバル化が国家、企業、個人の生活にも密接に関わるようになってきた。今では、机に向かうだけで世界中の取引も簡単に行うことができる。最近は、スマートフォンの登場で個人のライフスタイルも大きく変わろうとしている。先日、テレビを見ていたらスマートフォンを操作することでどこにいても、自宅の家電製品をコントロール出来ることを紹介していた。

こうしたインターネットの普及による利便性の向上は確かに生活を豊かにしていることは間違いないと思われるが、一方でリスクも拡大していることを見逃してはならない。すでに、インタネットバンキングではいろいろと問題が報告されている。

そうした意味からも、利便性の追求はそのリスクの拡大と総合的に見ていく必要があるといえるだろう。

ビタミンDの健康効果

ビタミンDは一般的に腸内でのカルシウムの吸収を高めて骨や歯を丈夫にすることは良く知られていることだが、最近の研究ではさらに、心臓疾患、がん、自己免疫疾患、肥満や認知症、インフルエンザなどの予防や免疫力の強化にも効果があるだけでなく、長寿と関係する染色体のテロメアの長さの減少抑制効果があることも分かって来ている。ビタミンDは魚介類やキノコ類に多く含まれているが、日光を浴びることで体内に生成されることが分かっている。

しかしながら、現代人の大半の人はビタミンD不足にあると言われている。この大きな原因として紫外線が有害であることが過大にマスコミなどで取り上げられていることに起因しているようだ。日光の下で肌焼けを起こすほど太陽を浴びるのは勿論有害だが、日光浴を極端に敬遠してしまうのは行き過ぎといえるだろう。

健康維持の基本は運動も日光浴も、何事においても『適度』という事が最も大切なことと言える。

ため息は自己防衛の生体反応

昔からため息は体に良くないという事がいわれているが、最近はむしろ体に良いといわれるようになった。どうして昔の人はため息を体に悪いと考えたのだろうか。

ため息はどんな時に、あるいはどんな人に多く出るのかを考えて見ると良く理解できる。一般的に不安なことや悩み・ストレスなどを多く抱えている人がため息を多くする。不安なことや悩みを多く抱えているとその人の自律神経はどうしても交感神経が高くなり、自律神経の乱れが生じてしまう。こうした乱れが長期間継続すると体調を崩すことになる。

私たちの体はこうした体調の崩れを生じる前に自己防衛的にため息を起こさせて自律神経の乱れを調整することをしていると考えられる。ため息とは大きく息を吐くことである。私たちの自律神経は吸気時に交感神経が高まり、呼気時に副交感神経が高まるようになっている。従って、ため息をつくことで副交感神経が高まり、自律神経をバランスのとれた正常な形に戻す役目を担っているのだ。

ストレスが高まったり、悩みや不安な状態になったりしたときはため息を待たずに、意識的に深い呼吸(吸気の倍ぐらいの長さでゆっくりと吐いていく)をすることが自律神経のバランスを保つのに大変有効と言える。

健康と病気は同じ連続体上にある

アメリカの健康社会学者アーロン・アントノフスキーは「健康と病気は別個のものではなく、私たちは健康と病気の連続体上のどこかに位置している」と述べている。 つまり、すこぶる元気で健康に感じる時は連続体上の健康側に近い位置にあり、朝から体がだるく気分がすぐれない時は連続体上の病気に近い位置にあると言える。東洋医学で「未病」という概念があるが、これは連続体上の病気に近い位置にあるといえるだろう。

そして、病気側に私たちを押し寄せる要因としては深酒、喫煙、肥満、運動不足などの悪い生活習慣であり、健康側に向かわせる要因としてはやはりバランスの摂れた食事であり、十分な睡眠であり、適度な運動であり、そしてご機嫌に前向きに生きるなどの良い生活習慣だろう。

つまり、いつまでも元気で長生きして健康寿命を延ばすためには常に良い生活習慣を維持することが何よりも大切といえる。

利便性の向上とその代償について

時代の変化とともに世の中がだんだん便利になってきている。

18世紀の産業革命を皮切りにして陸海空で今まで人類が経験したことのなかった夢のような交通手段が発明されたことで世界的に人の移動が飛躍的に高まった。さらに車社会とIT革命の普及により、かつて私たちの祖先たちが長い時間と手間を掛けて行ってきたことを、今では一瞬のうちに可能になっている。こうした利便性の向上は私たちの生活を豊かなものにしていることは言うまでもないが、この豊かな生活には高価な代償を支払っていることは意外に見落とされがちである。

高価な代償とは運動不足による生活習慣病患者の増大という代償である。2012年のランセットという世界的な医療雑誌に「運動不足はパンデミック状態(世界的流行病)」という大変衝撃的なタイトルの記事が掲載されて注目を集めた。それによると運動不足が原因での死亡率は脳疾患、心疾患、ガンに次いで第4位とのことである。こうしたこともあり、昨年の11月に『「運動」を錠剤にして販売すれば世界で最も売れる薬になるー運動はこんなに健康に良い!』という本を上梓した。

多くの読者の健康寿命延伸のための参考になればと願っている。

本を出版致しました。(運動はこんなに健康に良い)

最近は健康寿命という言葉がマスコミでも多く取り上げられるようになった。健康寿命とは文字通り健康で自分の事は自分でできる状態をいう。健康寿命が注目されるようになったのは平均寿命との間に大きな乖離があるという事実からの様だ。現在、男性で9年強、女性では12年強の乖離があるとのことである。この差とは自分のことを自分でできないため介護を必要としている期間を意味する。女性が男性に比べて長いのは転倒などで骨折をしてしまうケースが多いこと、そして女性の方が長寿であることからと思われる。

世の中にはいろいろな健康法がある。理にかなっているものもあればそうでないものもありどれを選んだらよういのか迷ってしまうかもしれない。しかし、運動(特に適度な有酸素運動)は万人に有効でやり過ぎない限り副作用は‟ゼロ″と言えるため、「運動を錠剤にして販売すれば世界で最も売れる薬になる」と言われる所以といえる。

著者はこの度、大学院での約10年間の研究をベースに「健康とはどうゆう状態の事なのか」、「運動がなぜ健康に良いのか」、そして著者自身が実行している太極拳の「健康効果」などをまとめた本(『「運動」を錠剤にして販売すれば世界で最も売れる薬ー 運動はこんなに健康に良い!』)を幻冬舎より出版した。

健康寿命の延伸のために少しでも参考になればと願っています。