常楽さんの健康ブログ

健康について考えるブログです。

人生100年時代

 最近は「人生100年時代」という言葉を良く見聞きすることが多くなった。これはイギリスのグラットン教授の「THE 100-YEAR LIFE」というタイトルの本に由来すると言われている。この書物の中で教授は2007年生まれの子供の寿命が日本及び欧米の各国で100歳を超えると予測しており、その中でも日本は最長の1007歳と予測されている。こうした事もあり、政府も安倍総理を議長とする「人生100年時代構想会議」というもの2017年9月に立ち上げたこともあり、一挙にマスコミなどでも取りあがられるようになったと思われる。

 しかしながら、世の中の動きや若い人たちの生活スタイルを見ていると「本当に人生100年時代が実現するのだろうかと疑問に思うのは私だけだろうか。

世の中の動きは益々利便性を求めて研究が進んでいる。「出来るだけ便利で・迅速で・快楽に」が先端技術の研究者の中では万人が認める無言の内でのテーマなのだろう。しかし、忘れてはならないのはこうした事が人間の体内における細胞たちへの計り知れない影響だろう。人の体内はある意味ではデジタルであり、ある意味ではアナログである。人類は数百年前に誕生して以来食物を得るために日常的に体を動かしていた。こうした意味からも常に筋肉を適度に動かしていることが必要といえる。

 こうした事を踏まえて都内の駅の階段には階段の利用を勧めるメッセージが書かれるようになったが、ほとんどの人には無視されて皆エスカレーターやエレベーターの方に集まっており、こうしたメッセージが寂しく白々しく映っている。また、スマホを片時も離さないでいることでスマホ依存症とも思える状態の現代人は「新型の頭脳流出」と言われる研究論文が発表されるようにスマホなしではひと時も過ごせない状態になりつつあることなどを考えると、2007年生まれの世代に「人生100年時代」が到来するとは考えにくい。

 もう少し適度に体も頭も動かす生活スタイルが世の中に普及することを願う。

こまめに動かす事が健康維持の基本

『定期的に適度な運動をすることは健康維持のためにはもちろん大切なことだが、日頃からこまめに体を動かすことが大変重要なことで、長時間座った状態を続けていると、心疾患、糖尿病そしてガンのリスクが高まることが分かってきた。』

以上はアメリカがん協会の研究者らによって123,000人の中高年の男女を対象に行った長期間の調査から判明したものだ。14年間の長期調査から長時間座っている女性はそうでない女性と比較して34%死亡リスクが高まり、男性の場合は17%高まるとの事である。

なぜ長時間座ったままで過ごすことが体に悪いのか。このレポートによると長時間足の筋肉を休ませていると血糖値が上がり、善玉コレステロールHDL値が下がるため心疾患のリスクが高まるとの事である。

現代人はデスクワークが多く長時間座ったままでいることがどうしても多くなっている。意識して立ち上がって足の筋肉を適度に動かすようにすべきだろう。そうした意味からも通勤時などは積極的に駅の階段利用をすると良い。そうすれば日頃なかなか運動をする時間のないサラリーマンの人も特にジム通いをしなくても通勤の往復に駅の階段を利用するだけで十分に下肢筋力を強化することが可能である。

骨折り損の健康儲け

世の中にはいろいろな健康法が言われているが、最も大切なことは「小まめに体を動かす」ことだと報告されている。現代人は何の躊躇も疑問もなくエレベーター・エスカレーターを日常的に使用しているが、これは「小まめに体を動かす」という視点からみれば大変大きなロスと言える。特にジム通いをしなくても日常的に階段利用をするだけでも下肢筋力の強化、心肺機能の向上、バランス感覚の向上そしてダイエット効果など幾つかの観点から大きな健康効果が期待される。日常生活の中で面倒がらず・楽をせずに体を「小まめに体を動かす」(骨折り)ことが結果的には健康維持(健康儲け)に繋がると言える。

日本全国にエレベーター・エスカレーターの数はどのくらいあるのだろうか。膨大な設備と維持費と電気代が使用されながら、国民の健康増進の機会を奪い医療費の増大にまで貢献してしまっていることを思うと言葉を失う。

国や自治体は率先してエレベーター・エスカレーターの利用者を高齢者や病弱者など必要としている人に限定して一般の健常者は階段利用を推奨するようにしてはどうだろう。

 

現代人に必要なビタミンDとビタミンG

ビタミンDは前回のコラムで書いた通り、現代人は日光を浴びることを極端に避けるようになったことによるビタミンD不足が深刻な状態に陥っているという現状である。

そしてビタミンGはGroundingのGで大地つまり地球のことである。古来人類は数百万年前から太陽光を浴び裸足で大地を歩き回るという生活をしてきた。しかしながら、ほんの半世紀ぐらい前から人は合成樹脂やゴムなどを使用した靴を常用するようになり、大地とは絶縁するような生活をするようになってきた。

現代人が肥満や糖尿病などの生活習慣病に悩まされるようになったのは単に運動不足や豊富な食べ物の過食だけでなく、こうした自然との断絶にも原因があるようだ。

大地に接することはアーシングとも言われるが、近年多くの論文が発表されている。裸足で大地に接触することで体内に蓄積した電子を放電することが出来そして大地のエネルギーを得ることもできる。特に、現代人はスマホや様々な電化製品に囲まれた生活の中で沢山の電磁波に晒された生活を余儀なくされている。しかるに、ほんの半世紀前ぐらいから太陽光を極端に避けて、靴を履いて大地との接触を断絶した生活を始めて現代に至っている。

現代人の利便性の高い快適な生活は何事にも代えがたいが、私たちの生活の中にもう少し自然との接触が必要なのではないだろうか。

           “病気は突然現れるものではない。病気は自然に対する我々の日々の

           小さな罪の積み重ねである。自然に対する罪が次第に大きくなると、

           病気はある日突然現れるのである。

                       (ヒポクラテス

     

紫外線は本当に体に有害なのか?

夏が近づいてくるにつれて、紫外線対策などの情報がマスコミを中心に氾濫してくる。しかし本当に紫外線は私たちにとって有害なものなのか。紫外線が肌のシミやシワなどの原因になることは考えられる。しかし、紫外線の有害な面のみが強調され過ぎていないだろうか。

近年、世界中の人がビタミンD不足に陥っていることは数多くの論文より発表されている。ビタミンDはカルシウムの吸収を助けるため骨を丈夫にすることは良く知られている事だが、最近の論文では血管・筋肉・免疫細胞の強化だけでなくがん予防の効果*1も報告されている

5月25日(金)から27日(日)までの3日間大阪の国際会議場で抗加齢医学会総会が開催されたが、「光環境とエイジング」と題するシンポジウムも開催されていた。数名の先生方が講演されたが、その中で私に印象付けた言葉が「内的老化と外的老化」という表現だった。

「内的老化」とはビタミンD不足による様々な体の内部の炎症の結果最終的にはがんを誘発するという事であり、「外的老化」とは紫外線による皮膚のダメージによるシミやシワということである。

どちらを優先すべきかは自ずから明らかだろう。

*1:今年3月に国立がん研究センターからも論文が発表された。

「人生100年時代構想」に思う日本人の平均寿命と健康寿命

昨年9月以降、「人生100年時代」という言葉を頻繁に耳にするようになった。政府は2017年9月に安倍総理を議長とする「人生100年時代構想会議」というものを立ち上げたのだ。この背景にあるのは日本の平均寿命・健康寿命が共に世界一であるという現実があり、さらに「2007年まれのどもの50%が107歳まで到達するとされる海外の研究」に基づいている。

確かに日本人の平均寿命と健康寿命は年々伸びており、厚生労働省の発表では2016年度の平均寿命は男性が80.98歳、女性が87.14歳となり、健康寿命は男性が72.14歳、女性が74.79歳との事である。

しかしながら、平均寿命と健康寿命の差は依然として男性が8.84年、女性では12.35年ある。健康寿命とは自分の事は自分で出来る自立した生活ができる期間のことである。そして平均寿命との差は介護を必要としている期間を意味している。この介護を必要としている期間は2001年には男性が8.67年、女性が12.28年であったが、年々格差が大きくなり、2010年には男性が9.22年、女性が12.77年となった。その後、政府も健康寿命と大切さを大々的にアピールしてきた結果少しは短くなったが、依然として男性が9年弱、女性は12年強という長い期間他人の介護を必要としているのが現状である。

「人生100年時代構想会議」におけるテーマは人生100年を前提として「教育」と「働き方」という二つのテーマが中心になっている。確かに二つとも重要なテーマには違いないと思うが、問題は健康寿命としての人生100年時代」をベースに置いているのかという疑問が残る。人生100年時代構想はあくまでも健康寿命をベースにしたものでなければならない。そうした意味でも「人生100年時代構想会議」のテーマには健康寿命の延伸も是非含めてほしいと願う。

「新型の頭脳流出?」-スマホ依存症は認知機能の低下を招くー

「頭脳流出:スマホを傍に置いておくだけで認知機能を低下させる。」と題する論文(The Consumer in a Connected World誌8月号)が発表された。 この論文によると、日頃からスマホを使用している520名の大学生の男女を対象とした研究で対象者を3群に分けて、第1群はスマホを常に机の上に置いた状態にし、第2群はスマホをカバンの中に入れた状態であるがカバンは部屋に持ち込む状態とし、そして第3群はスマホが入ったカバンを部屋に持ち込まずに受付に預けてから部屋に入る状態にして、全員の認知機能テストを行ったところ、認知機能の数値が一番高かったのはカバンを部屋に持ち込まなかった第3群で、一番数値が低かったのはスマホを机の上に置いた第1群であったと報告されている。

この一つの研究結果だけで決定的なことは言えないが、この論文は非常に重大なことを示唆している。 私はこの欄で過去にも「利便性の追求とその高価な代償」について述べたが、現代人は車やエレベーター・エスカレーターの普及が運動不足による生活習慣病の蔓延という高価な代償を支払うことになっている。

同様に、現代の若者は常にスマホに心を奪われている現実が見られる。スマホがあればどんな情報も即座に得られ、且つ常にスマホを通じて世の中と繋がっているという安心感があるようだ。しかし、自分の頭で思考を巡らせることもなくなれば、これはまさに人間の頭脳がスマホに流出している状態といえる。

この論文が示唆しているように、将来スマホという利便性の高い怪物に依存するあまり、認知症の蔓延という高い代償を支払うことにならないのか、気になるところだ。