常楽さんの健康ブログ

健康について考えるブログです。

紫外線は本当に体に有害なのか?

夏が近づいてくるにつれて、紫外線対策などの情報がマスコミを中心に氾濫してくる。しかし本当に紫外線は私たちにとって有害なものなのか。紫外線が肌のシミやシワなどの原因になることは考えられる。しかし、紫外線の有害な面のみが強調され過ぎていないだろうか。

近年、世界中の人がビタミンD不足に陥っていることは数多くの論文より発表されている。ビタミンDはカルシウムの吸収を助けるため骨を丈夫にすることは良く知られている事だが、最近の論文では血管・筋肉・免疫細胞の強化だけでなくがん予防の効果*1も報告されている

5月25日(金)から27日(日)までの3日間大阪の国際会議場で抗加齢医学会総会が開催されたが、「光環境とエイジング」と題するシンポジウムも開催されていた。数名の先生方が講演されたが、その中で私に印象付けた言葉が「内的老化と外的老化」という表現だった。

「内的老化」とはビタミンD不足による様々な体の内部の炎症の結果最終的にはがんを誘発するという事であり、「外的老化」とは紫外線による皮膚のダメージによるシミやシワということである。

どちらを優先すべきかは自ずから明らかだろう。

*1:今年3月に国立がん研究センターからも論文が発表された。

「人生100年時代構想」に思う日本人の平均寿命と健康寿命

昨年9月以降、「人生100年時代」という言葉を頻繁に耳にするようになった。政府は2017年9月に安倍総理を議長とする「人生100年時代構想会議」というものを立ち上げたのだ。この背景にあるのは日本の平均寿命・健康寿命が共に世界一であるという現実があり、さらに「2007年まれのどもの50%が107歳まで到達するとされる海外の研究」に基づいている。

確かに日本人の平均寿命と健康寿命は年々伸びており、厚生労働省の発表では2016年度の平均寿命は男性が80.98歳、女性が87.14歳となり、健康寿命は男性が72.14歳、女性が74.79歳との事である。

しかしながら、平均寿命と健康寿命の差は依然として男性が8.84年、女性では12.35年ある。健康寿命とは自分の事は自分で出来る自立した生活ができる期間のことである。そして平均寿命との差は介護を必要としている期間を意味している。この介護を必要としている期間は2001年には男性が8.67年、女性が12.28年であったが、年々格差が大きくなり、2010年には男性が9.22年、女性が12.77年となった。その後、政府も健康寿命と大切さを大々的にアピールしてきた結果少しは短くなったが、依然として男性が9年弱、女性は12年強という長い期間他人の介護を必要としているのが現状である。

「人生100年時代構想会議」におけるテーマは人生100年を前提として「教育」と「働き方」という二つのテーマが中心になっている。確かに二つとも重要なテーマには違いないと思うが、問題は健康寿命としての人生100年時代」をベースに置いているのかという疑問が残る。人生100年時代構想はあくまでも健康寿命をベースにしたものでなければならない。そうした意味でも「人生100年時代構想会議」のテーマには健康寿命の延伸も是非含めてほしいと願う。

「新型の頭脳流出?」-スマホ依存症は認知機能の低下を招くー

「頭脳流出:スマホを傍に置いておくだけで認知機能を低下させる。」と題する論文(The Consumer in a Connected World誌8月号)が発表された。 この論文によると、日頃からスマホを使用している520名の大学生の男女を対象とした研究で対象者を3群に分けて、第1群はスマホを常に机の上に置いた状態にし、第2群はスマホをカバンの中に入れた状態であるがカバンは部屋に持ち込む状態とし、そして第3群はスマホが入ったカバンを部屋に持ち込まずに受付に預けてから部屋に入る状態にして、全員の認知機能テストを行ったところ、認知機能の数値が一番高かったのはカバンを部屋に持ち込まなかった第3群で、一番数値が低かったのはスマホを机の上に置いた第1群であったと報告されている。

この一つの研究結果だけで決定的なことは言えないが、この論文は非常に重大なことを示唆している。 私はこの欄で過去にも「利便性の追求とその高価な代償」について述べたが、現代人は車やエレベーター・エスカレーターの普及が運動不足による生活習慣病の蔓延という高価な代償を支払うことになっている。

同様に、現代の若者は常にスマホに心を奪われている現実が見られる。スマホがあればどんな情報も即座に得られ、且つ常にスマホを通じて世の中と繋がっているという安心感があるようだ。しかし、自分の頭で思考を巡らせることもなくなれば、これはまさに人間の頭脳がスマホに流出している状態といえる。

この論文が示唆しているように、将来スマホという利便性の高い怪物に依存するあまり、認知症の蔓延という高い代償を支払うことにならないのか、気になるところだ。

健康と病気は同じ連続体上にある②

去る3月のこの欄で表題①について書いた。これはアメリカの社会学者アーロン・アントノフスキーの理論であるが、英語オリジナルの表現は「健康」が”Ease”で、「病気」が”Dis-ease”という表現で説明されている。実は、この方が「同じ連続体上にある」という説明が分かりやすい。つまり、”Ease”とは体に痛みや苦しみがなく、なにも異常がない安らかな状態を示しており、安らかな状態ではないという意味で”Dis-ease”がしようされている。

そして私たちは、日々安らかな状態から安らかな状態ではないまでの同一線上のどこかに位置しているという事の様だ。ある時はすこぶる元気に感じる時もあれば、朝から何となくだるく重苦しい時もあることは誰でも経験していることである。

そして、出来るだけ安らかな状態に近づける唯一の方法は日頃の生活習慣ということになる。(ちなみに、病気の英語はDiseaseだが、これは安らかな状態ではないことを意味している。)

 

「適度な運動」と「ご機嫌な気持ち」が健康維持には大切

欧州の格言に「遺伝子が弾丸を込め、生活習慣が引き金を引く」というのがある。これは、「例え持って生まれた遺伝子の中に悪質な病気を引き起こす可能性のある遺伝子が含まれていたとしても、正しい生活習慣を維持しておれば発病はしない」という事を言っている。

正しい生活習慣とは、一般的に①バランスの摂れた食事、②十分な休養、③適度な運動といわれている。どれも大切なことだが、特に適度な運動は継続することが難しいが、いちど生活の一部として組み込まれるようになると効果は大きいといえる。私は太極拳を19年ほどやっているが、太極拳に出合えたことは私の現在の幸せの一部を占めていると思っている。

そして、「適度な運動」に加えたいのが「ご機嫌な気持ち」だ。「ご機嫌」という言葉は日本抗加齢医学会の前理事長をされていた慶應義塾大学の坪田一男教授が最初に使われた言葉だが、「笑顔」の健康効果と同じで何時も「ご機嫌に」生きることは大きな健康効果をもたらすと考えられている。

健康維持のために毎日『適度な運動』『ご機嫌な気持ち』を!!

利便性とそのリスクとの相関性

1月のコラムで私は「利便性の向上とそれによる代償」について書いた。交通手段の飛躍的な発展によって現代人の私たちの行動範囲が飛躍的に広がった反面、運動不足による生活習慣病の拡大という高価な代償を支払うことになった。

さらに、インターネットの登場でグローバル化が国家、企業、個人の生活にも密接に関わるようになってきた。今では、机に向かうだけで世界中の取引も簡単に行うことができる。最近は、スマートフォンの登場で個人のライフスタイルも大きく変わろうとしている。先日、テレビを見ていたらスマートフォンを操作することでどこにいても、自宅の家電製品をコントロール出来ることを紹介していた。

こうしたインターネットの普及による利便性の向上は確かに生活を豊かにしていることは間違いないと思われるが、一方でリスクも拡大していることを見逃してはならない。すでに、インタネットバンキングではいろいろと問題が報告されている。

そうした意味からも、利便性の追求はそのリスクの拡大と総合的に見ていく必要があるといえるだろう。

ビタミンDの健康効果

ビタミンDは一般的に腸内でのカルシウムの吸収を高めて骨や歯を丈夫にすることは良く知られていることだが、最近の研究ではさらに、心臓疾患、がん、自己免疫疾患、肥満や認知症、インフルエンザなどの予防や免疫力の強化にも効果があるだけでなく、長寿と関係する染色体のテロメアの長さの減少抑制効果があることも分かって来ている。ビタミンDは魚介類やキノコ類に多く含まれているが、日光を浴びることで体内に生成されることが分かっている。

しかしながら、現代人の大半の人はビタミンD不足にあると言われている。この大きな原因として紫外線が有害であることが過大にマスコミなどで取り上げられていることに起因しているようだ。日光の下で肌焼けを起こすほど太陽を浴びるのは勿論有害だが、日光浴を極端に敬遠してしまうのは行き過ぎといえるだろう。

健康維持の基本は運動も日光浴も、何事においても『適度』という事が最も大切なことと言える。